主 催

一般社団法人日本神経学会
(教育委員会、脳卒中対策特別委員会)

〒113-0034
東京都文京区湯島二丁目31番21号
一丸ビル
TEL:03-3815-1080
FAX:03-3815-1931

運営事務局

株式会社
インタープラン・コーポレーション

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-28-4
松濤六番館4階
TEL : 03-5422-3301
FAX : 03-3461-8181
E-mail:
neurology-kensyu2023@c.inter-plan.co.jp

プログラム・日程

更新日;2023年8月17日
プログラムの内容は、今後変更になる場合がございます。

プログラム

会場:東京国際フォーラム ホールD7

開会挨拶

8:50~9:00

講演1 脳卒中診療に対する日本神経学会の取り組み

9:00~9:30

西山 和利(北里大学 脳神経内科学/日本神経学会 代表理事)

講演2 すぐに使える脳卒中症候学

9:35~10:15

稲富 雄一郎(済生会熊本病院 脳神経内科)

講演3 灌流画像のイロハ

10:20~10:50

河野 浩之(杏林大学医学部 脳卒中医学教室)

講演4 あらゆる血管を超音波で探る

10:55~11:25

三村 秀毅(東京慈恵会医科大学 内科学講座 脳神経内科)

講演5 脳血管内治療の達人への道
~脳神経内科臨床医に求められる脳の“CPR” ~

11:35~12:35

今井 啓輔(京都第一赤十字病院 脳神経・脳卒中科)

講演6 究極の診療チーム結成への道

12:45~13:15

竹川 英宏(獨協医科大学病院 脳卒中センター)

講演7 脳卒中研究者としての道

13:20~13:50

下畑 享良(岐阜大学大学院医学系研究科 脳神経内科学分野)

講演8 “脳卒中リハを専門とするリハ科医” というひとつの選択肢

13:55~14:25

角田 亘(国際医療福祉大学医学部 リハビリテーション医学教室)

講演9 医療制度から脳卒中診療を良くする道

14:30~15:00

山本 晴子(国立循環器病研究センター データサイエンス部/臨床研究管理部)

閉会挨拶

15:00~

会場:東京国際フォーラム ホール D5

脳血管内治療ハンズオン

15:10~17:10

ハンズオンオーガナイザー:

山上 宏(国立病院機構大阪医療センター 脳神経内科)

ハンズオン講師:

今井 啓輔(京都第一赤十字病院 脳神経・脳卒中科)
神谷 雄己(NTT 東日本関東病院 脳血管内科)
菊野 宗明(東京医科大学病院 脳神経内科)
中田 遼志(東京慈恵会医科大学附属柏病院 脳神経内科)
早川 幹人(筑波大学附属病院 脳卒中科)
藤田 恭平(東京医科歯科大学 脳神経内科・血管内治療科)
山﨑 英一(横浜新都市脳神経外科病院 脳神経内科・血管内治療科)

機材協力:

ジョンソン・エンド・ジョンソン㈱、テルモ㈱、
日本ストライカー㈱、日本メドトロニック㈱、
ニプロ㈱、㈱メディコスヒラタ